広辞苑大学とは。

広辞苑大学とは

こうじえん‐だいがく【広辞苑大学】

〔広辞苑大学校章〕

誰もが表現者といえるこの時代。広辞苑を通して新たな文化や価値観に触れ、ことばのおもしろさを知り、もっと自由な表現を発見できる場。それが、広辞苑大学です。テキストは、広辞苑だけ。

〔広辞苑大学校章〕

様々なフィールドの第一線で活躍するプロフェッショナルたちを講師に招き、今までにない多様な切り口の講座で、まだ多くの人々が気づいていないことばの可能性を浮き彫りにしていきます。
広辞苑大学で、あなたも新しい自分と出会ってみませんか。

受講のお申込み。

  • 「たほいや」

    大高洋夫、デッツ松田、えのきどいちろう、小林恭二、眞形隆之

    日時:2019年1月13日(日)15:00-17:00予定(開場14:30)

    場所:朝日新聞東京本社 読者ホール(東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社2階)

    応募は下記URLからお願いします。
    https://que.digital.asahi.com/epost/10001727

    また、はがき応募も対応しております。

    〒104-8665
    東京・晴海郵便局私書箱303号
    朝日新聞東京本社メディアビジネス局
    「広辞苑大学1月」係

    応募はがき記入事項:
    ① 参加希望プログラム
    「たほいや」(大高洋夫、デッツ松田、えのきどいちろう、小林恭二、眞形隆之)
    ② 住所(郵便番号から)
    ③ 電話番号
    ④ メールアドレス
    ⑤ ご自身のご住所に広辞苑および広辞苑大学のお知らせをお送りしてもよろしいですか
    ⑥ 氏名(ふりがなも)
    ⑦ 生年月日
    ⑧ 性別
    ⑨ 職業
    ⑩ 参加希望人数(2名まで)(ご本人様を含めた人数をご記入ください)

    留意事項

    ※応募者多数の場合は、抽選でご招待とさせていただきます。
    ※当選者の発表は、受講証の発送をもって代えさせていただきます。
    ※受講証は12月27日(木)以降に発送します。
    ※受講証の転売・譲渡は固くお断りします。
    ※応募条件:本イベントは講座の様子がアーカイブ化(動画、WEBサイト)される予定です。また、新聞、TV報道、WEBメディアなどの取材が入る場合があります。
    ①顔や姿などが掲載されたり画像や動画に映り込むことがことがあります。
    ②イベント前後でインタビューがあった場合にはご協力していただくことがあります。
    ③今後の「広辞苑大学」の告知などで記録された映像・画像が掲出されることがあります。

    以上の①~③にご了承いただけることが応募条件です。

    この講座に申込む この講座に申込む

  • 「たほいやの言葉、広辞苑のことば」

    大高洋夫(俳優)×平木靖成(岩波書店)

    日時:2019年1月13日(日)13:00-14:00予定(開場12:30)

    場所:朝日新聞東京本社 読者ホール(東京都中央区築地5-3-2 朝日新聞東京本社2階)

    たほいやレジェンドの大高洋夫氏と岩波書店辞典編集部平木靖成氏がこれまでの言葉・これからの言葉について語り合います。

    応募は下記URLからお願いします。
    https://que.digital.asahi.com/epost/10001727

    また、はがき応募も対応しております。

    〒104-8665
    東京・晴海郵便局私書箱303号
    朝日新聞東京本社メディアビジネス局
    「広辞苑大学1月」係

    応募はがき記入事項:
    ① 参加希望プログラム
    大高洋夫(俳優)×平木靖成(岩波書店)
    ② 住所(郵便番号から)
    ③ 電話番号
    ④ メールアドレス
    ⑤ ご自身のご住所に広辞苑および広辞苑大学のお知らせをお送りしてもよろしいですか
    ⑥ 氏名(ふりがなも)
    ⑦ 生年月日
    ⑧ 性別
    ⑨ 職業
    ⑩ 参加希望人数(2名まで)(ご本人様を含めた人数をご記入ください)

    留意事項

    ※応募者多数の場合は、抽選でご招待とさせていただきます。
    ※当選者の発表は、受講証の発送をもって代えさせていただきます。
    ※受講証は12月27日(木)以降に発送します。
    ※受講証の転売・譲渡は固くお断りします。
    ※応募条件:本イベントは講座の様子がアーカイブ化(動画、WEBサイト)される予定です。また、新聞、TV報道、WEBメディアなどの取材が入る場合があります。
    ①顔や姿などが掲載されたり画像や動画に映り込むことがことがあります。
    ②イベント前後でインタビューがあった場合にはご協力していただくことがあります。
    ③今後の「広辞苑大学」の告知などで記録された映像・画像が掲出されることがあります。

    以上の①~③にご了承いただけることが応募条件です。

    この講座に申込む この講座に申込む

  • 「広辞苑大学×神保町ブックセンター 和菓子のことば」

    中山圭子

    日時:2018年12月15日(土) 14:00 - 16:00

    場所:神保町ブックセンター

    和菓子は、その名前や材料やかたちに、四季の自然や風物がみごとに折り込まれている小さな芸術品です。
    今回の広辞苑大学は、『事典 和菓子の世界』をまとめられた中山圭子さんを講師に迎え、和菓子にかかわる<ことば>から、その歴史ある世界へ誘います。

    当日は和菓子付き。和菓子とことばで遊んでいただきます。師走のあわただしい季節、和の魅力を満喫できる昼下がりをゆったりとお過ごしください。

    ※本イベントの通常お申込みは終了いたしました。キャンセル分の追加発券は12月13日(木)正午よりPeatixページにて行います。

    この講座に申込む この講座に申込む

アーカイブ。

大改訂。広辞苑第七版。

フェイスブック 【Facebook】

ツイッター 【Twitter】

閉じる
眞形 隆之 まがた たかゆき
主宰
小林 恭二 こばやし きょうじ
小説家・俳人
えのきどいちろう
コラムニスト
デッツ松田 でっつまつだ
編集者
大高 洋夫 おおたか ひろお
俳優
中山圭子 なかやま けいこ
虎屋特別理事、虎屋文庫主席研究員
○ 講師プロフィール
東京藝術大学美術学部芸術学科卒業。卒論のテーマに「和菓子の意匠」を選ぶ。現在、虎屋特別理事、虎屋文庫主席研究員。
著作 『事典 和菓子の世界 増補補訂版』(岩波書店)、
『和菓子ものがたり』(朝日文庫)、 『和菓子夢のかたち』(東京書籍)、
『和菓子おもしろ百珍』(淡交社)、 『和菓子のほん』(福音館書店)、
『江戸時代の和菓子デザイン』(ポプラ社)ほか。
次の講師へ ⇨
⇦ 前の講師へ
閉じる

はがきでのお申込み方法

以下のすべての情報をはがきにご記入いただきご応募ください。

1
氏名(ふりがな)
2
生年月日
3
性別
4
職業
5
郵便番号/住所
6
電話番号
7
メールアドレス
8
参加希望イベント(2つまで)と参加希望人数(それぞれ2名までご本人様を含めた人数をご記入ください)
9
広辞苑第七版のご予約・ご購入先
(ご記入例:三省堂書店神保町本店、Amazon、岩波書店サイト)
10
ご自身のご住所に広辞苑および広辞苑大学のお知らせをお送りしてもよろしいですか
(はい・いいえ)

<応募先>

〒104-8665 東京・晴海郵便局私書箱303号

朝日新聞東京本社メディアビジネス局
「広辞苑大学〇」係
※〇の部分に何回目の広辞苑大学へのご応募かご記入ください(例:広辞苑大学③係)

個人情報の取り扱いについて